映画、CG、プログラム等

2012年2月29日水曜日

映画日記 「宇宙人ポール」


「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」などで話題を集めた
サイモンペッグ&ニックフロストのコンボが放つSFコメディ。


ゾンビコメディとしては、圧倒的に「ゾンビランド」のできがよく
「ショーン・オブ・ザ・デッド」は、僕的にはいまいち感があるのですが
これはよかった。


「ホットファズ」のときと同じくミニシアター公開で、口コミで広まった感のある映画。
こういう映画って、はずれ少ないっすよねー。
「キックアス」なんか最たる例。

見る前からそこそこの期待もしつつ鑑賞。
期待があった分、いい裏切り感はなかったけど
ほんと、安定した良作でした。

ストーリーは、予告編を見てもらうとほぼ想像がつくと思いますが
ご想像通りです。

きたないおっさんオタク二人が、イギリスからアメリカのコミケと
長年の夢だった、UFOの目撃者となるため
エリア51へキャンピングカーを借りて向かいます。
その道中拾った、変な宇宙人ポールを
なりゆきで逃がす手助けをすることとなりある場所へ向かう・・・・


そんな感じのオタクと、宇宙人ともう一人、ぶっとんだクリシュチャンが加わって
(しかも、このクリスチャンがヒロインだったりする。)
繰り広げられる緩いロードムービー。
けど、なんか最後ちょっと感動しちゃう。
そんな絶妙のバランス感の映画です。

そして、もうひとつこの映画の魅力は
散りばめられたたくさんのパロディ。
わからない人は、メインストーリーだけでももちろん楽しめますが、
わかる人には、ニヤリとさせるシーンが多く楽しさが倍増します。


特にスタートレックの伝説と呼ばれるこの戦闘シーン二度ほどでてきてた。


結構マニアなシーンと思ってたけど、
向こうでは有名なんかな。
これ当時まじめに撮ってたんかなー。


しかし最近なにかとよく見かけるサイモンペッグ。
「MI4」でもええ味だしてましたねー。
今後の活躍にも期待!!


コメントを投稿