映画、CG、プログラム等

2012年3月3日土曜日

映画日記 「ダークフェアリー」

『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロが、
長年温めていた念願の企画を自らの脚本で映画化。
って書いてあっててっきり デル・トロの映画と思ってみにいったけど
監督は、トロイ・ニクシー って方。
誰やこの人っと思ったら初監督作品やったのね。

けどこの人、いろいろみてみると
コミック作家では有名な方らしく、『BATMAN』シリーズを手がけてるとか?
ちょっと、情報足らずでよくわかりませんが
まあ、とにかくデルトロファミリーの映画には間違いないようですので
期待していってきました。




結構予告では、ホラーのような扱いになってるけど
これは、デルトロ系お得意のダークファンタジー的なテイストに仕上がってます。
ホラーというなら落ち着いたゴシックホラーといえるでしょう。

内容は、70年代の「地下室の悪夢」という作品のリメイクらしく
お話は、題名のまんま、屋敷の地下室に閉じ込められた何かがいて
とあるきっかけで自由を得たそれらが住人を苦しめる話。

その何かっていうのが、おとぎ話にでてくる妖精達。
ただ、妖精っていいてもトゥースフェアリーと呼ばれる
子供の歯を好物にする、悪い妖精。
なので、圧倒的強さをもつモンスターがあばれるわけではなく
人よりもはるかに小さく非力な妖精達が
人間達をたくみにだまし、えさにする子供を孤立させるようにしむけるという
姑息な悪事が描かれいるお話なのです。

まあこのストーリーみたら、超B級、C 級 なんだけど
そこは、デル・トロが認めた監督。
いい感じに、仕上げてます。

どうがんばってもお話のスケールはでかくならないのだけど
出だしから、最後までだれずにもって行きます。
特に途中の、トムクルーズの嫁さんケイティーホームズが
館の過去の秘密に迫るところは良かった、
図書館で古い書物を調べたりして辻褄をあわせていく
謎解き的シーンは、こういう映画の醍醐味なので
もっと増やして欲しいと思った。

良くも悪くも期待通りの良作、佳作。
デルトロ好き、ダークファンタジー好きにはお勧めです。
ほんまに怖いホラーを見たい人には、ちょっとはずれます。




ということでついでに蛇足紹介する映画は
冒頭でも述べた「パンズ・ラビリンス」。

ギレルモ・デル・トロが、全面に自分テイストを押し出しいる
(と僕は勝手に解釈してます)作品で、好きな作品のひとつです。

内戦後のスペインに生きる、不遇な境遇の少女のお話で。
現実世界のつらさから、おとぎ話の世界に逃げ込んだ彼女が
ギリシア神話の亜神、「パン」から、自分は妖精の王女だと告げられる。
そして、その世界に戻るためには、
森の奥にある迷宮(パンズ・ラビリンス)で3つの試練を果たす必要があり
現実世界と、妖精世界(妄想?)をいききしながら足を踏み入れていく。

という話なで、一瞬よくあるファンタジーの導入みたいですが
そうはいかないのが、デルトロ。

出てくるキャラたちが、ペイルマンを始め
デルトロテイストバリバリでほぼ不気味なこともありますが、
ペイルマン
こんなんでましたけどーの「ペイルマン」
一番ダークたる部分は、なによりこのパンズ・ラビリンス自体が
本当にあるのか、彼女の妄想なのか、
あやふやなままお話が進行することでしょう。

妄想か現実か、この解釈で
バッドエンドともハッピーエンドともとれるこの作品。

ダークファンタジー好きでみていなければ、オススメです。
コメントを投稿