映画、CG、プログラム等

2012年6月29日金曜日

映画日記「ロボット」

インド映画って、ミニシアター系の地味めなのはちょこちょこやってたけど
ボリウッドらしい踊りまくってくそ長い映画って最近は、あんま目にしない。

いっときは、「ムトウ」とか踊るシリーズが結構はやった時期あったのに・・・
って思ってたら、あののりが帰ってきました!
ハチャメチャロボット大作。タイトルものそのまま。
おまけに俳優もそのままラジニカーント!(こいつ何歳やねん!!)

ということでボリウッド映画の「ロボット」見てきました!


結構前から、ネットであまりにもハチャメチャな映像に騒がれており、かなり期待しておりましたが・・・・・。
ヤバいっす。
むちゃくちゃっす。
けど、おもろいっす。

そうそう、こういうのを求めてるのよね。
ほんと先日の、「怒りの未亡人軍団」にもとめてたのは
これなのよね。

お話はというと・・・
人の感情をも理解する、ものすごい性能をもつ人形ロボット、チッティ。
それゆえ彼は、生みの親であるバシーガラン博士の恋人サナに恋をしてしまう。
むろんそれは、成就することもなく
バシーガランとサナは婚約を発表。
嫉妬心を芽生えさせた、チッティはバシーガランに歯向かい
結果、彼にスクラップにされてしまう。
それを知った、バシーガランにライバル心を燃やす
ボーラ博士は、チッティを回収し
殺人兵器として改造し、町にはなつ。
嫉妬心と、復讐心に我を失ったチッティはバシーガランのもとへ
向かうのであった・・・


と、まあ。
こんな話どーでもいいんです。

とにかく予告編だけでも、ぶっとんだ馬鹿馬鹿しさがつたわったのではないのでしょうか。
どっかでみたことのある、映像いっぱい。
マトリックス?ターミネター?
OK、OKです。
パクリちゃいます、パロディです。
ちゃんとリスペクトした上で、映像作ってる気概が伝わってきます。
(たぶん・・・・・)
ほんでもって、意外とクオリティは高いのです。
CGののりは、「少林サッカー」ののりですな。

ちょっと上映時間長いけど
お勧めな一本でした。
(ちなみに、完全版が最近公開されたようですが177分だそうです!!)

あと、冒頭年齢に突っ込みをいれてしまった
バシーガラン博士役のラジニカーント。
1949年生まれだそうです。
63歳って!!
それはすごいな。
ちなみに、彼のWikipediaの説明がひどい。

インド映画スターは、「白い肌」「美男」「富裕層」「コネあり」がふつうだったが、彼は「褐色の肌」「おっさん顔」「貧困層」「コネなし」だった。


だそうです!!

そして、もう一個蛇足。
CYBACHSが思い出した、邦画の同系統のロボット映画をご紹介。
「ロボ芸者」

C級ですが、結構楽しめた!
でわ!!


コメントを投稿