映画、CG、プログラム等

2013年5月31日金曜日

映画日記「L.A. ギャング ストーリー」

面白かったー。

予告みたときから、「アンタッチャブル」を思い出してたけど、
時代背景は違えど、ストーリー的には、やはりほぼいっしょ。
場所も、シカゴからロサンジェルスへ移っただけで
いろいろ悪いことしてる巨大組織をつぶす為に、
警官が特別チームを編成してゲリラ戦を挑むというそういうお話。

こういう話って好きなんよねー。

構図的には、
秩序ある悪(組織) VS 狂気の善(ほぼ個人)の戦いで
善側のほうが、ちょっと精神的にいっちゃってるところが面白い。

俳優陣もくせのあるのそろえてて豪華。
特に今回は、悪役のショーンペンがいい!
「アンタッチャブル」のロバート・デニーロ(カポネ役)に負けず劣らずの
悪役っぷりです。

ほかにも脇役ですが、警察本部長役のニックノルティ。
この人、久々にみたらハマコーみたいなビジュアルになっててびっくり。
僕の記憶で一番残ってるのは、やっぱエディーマーフィーとの「48時間」なもんで
時間の流れを感じました。

あと、過去の映画日記「ドライブ」でも、一押ししてたライアン・コズリング。
「ドライブ」では、静かなる狂気で暴れまわってくれましたが
今回はプレイボーイ役で狂気をまとわないので、ちょっと残念でした。
それでも、とてもいい存在感をだしてましたけど。

さらに、ヒロイン役のエマ・ストーン。
「アメージング・スパイダーマン」見たときは
老けすぎとか、未知やすえに似てるとかいろいろ書いてしまいましたが
本作品では、文句なく美女にみえました。
なんでやろ。

とにかく「アンタッチャブル」が記憶に残ってるような
この手の作品が好きな人には、是非オススメです。
ただ、より過激ですので暴力描写苦手な人は気をつけて!



さて蛇足のもう一本紹介は上でも述べた、
ブライアン・デ・パルマ監督の「アンタッチャブル」。
こちらも 、ケビン・コスナー、ショーン・コネリー、ロバート・デニーロ
と豪華役者陣。
「LAギャングストーリー」は、第二次大戦後の世界ですがこちらは少し時間をさかのぼり、禁酒時代のシカゴを舞台にしています。
あらすじは、ほぼ一緒ですがこちらのほうがもう少しスマートで暴力描写も抑えめ。
「LA」も「アンタッチャブル」も両方見てない人は
こちらからみることをオススメします。
コメントを投稿