映画、CG、プログラム等

2013年9月26日木曜日

映画日記「ディアトロフ・インシデント 」


旧ソ連時代に、実際にあった登山グループの怪死事件「ディアトロフ峠事件」。
その真相を追うアメリカ人学生らが、自らもその怪異にまきこまれていく様を描いた、「ディアトロフ・インシデント」みてきました。


内容は、ロシアの雪山を舞台にした、若干SFテイストも付加したモキュメントホラーな感じです。
ちょっとびっくりしたのが、B級題材故にとってるのは新人監督かと思いきや、
先日の「エンド・オブ・ホワイトハウス」の日記で間違えてしまった、レニーハーリン。
これは、逆に間違いかと再確認しましたが本人のようです。

この、「ディアトロフ峠事件」自体は一応ほんとにあった話らしいのですが
子供の頃から、ミステリー愛好している僕の耳には初耳でした。
というのも、90年以降の情報公開にともなって公表されたものらしく
この手の、ミステリー話としては結構新しいもの(実際に起こったのは50年代と昔のことだけど)
みたいです。

雪山という(物理的には開かれてるけど)ある種閉ざされた空間で
追い込まれていく学生達と、反比例して明るみになっていく事実。
おーさすが、レニーハーリン。一味違うなーと、中盤はひきつけてくれますが
終盤になって、なんか安っぽい怪物がでてきて一気にD級に転落します。
なんか、おちも突っこみどころだらけで、脱力で、映画館をあとにしました。

中盤までなら80点あげる。
(ミステリー好きには有名なあのフィラデルフィアの実験も絡んでくるとこもいい)
けど怪物登場で、総評65点くらい。
怪物いらんって!怪物無しで最後までもっていってほしかったなー。

見終わった後知ったけど、この映画の配給って、B級王アルバトロスだったんですねー。
知ってたら、もう少しハードル低くしてみれたかもしれんかったなー、残念。
そして、別の意味でぞっとしたな・・。

ということで蛇足の紹介一本は、
「レニーハーリン」、「雪山」とくれば
普通は、「クリフ・ハンガー」。

スタローン版、ダイハードというべく、正統派のアクション映画です。
結構知名度のある作品なので、特に多くは語りませんが
なんだかんだ時間がたってるので紹介しました。
若い方で、もしみられてなければお勧めのアクション映画です。

もしかして、監督雪山行きたかっただけとかちゃうよね・・・・。
コメントを投稿