映画、CG、プログラム等

2014年4月27日日曜日

映画日記「ワールズエンド」

「宇宙人ポール」「アタック・ザ・ブロック」等これまで何度も紹介している、
エドガー・ライト監督、そしてサイモン・ペッグ&ニック・フロスト主演という
イギリスのお馬鹿トリオが放つゆるいSFコメディ。
お話は・・

ひと晩に12軒のパブのハシゴ酒という記録を達成できなかった悪ガキ5人組が
中年になって、再度挑戦すべく故郷に戻ってくる。
12軒目のパブ「ワールズ・エンド」を目指して飲みまくるなか
住民たちの様子がおかしいと気づき、さらに彼らとのいざこざの中で人間でないことが判明。
人ならざる彼らに追われるという危機的状況の中、
サイモンペッグ演じる言いだしっぺのアル中リーダー、
ゲイリーはハシゴ酒を完遂するという目的のため彼らと戦いに身を投じる!

とまあ、エドガー・ライトお得意のゆるい宇宙侵略ものなわけですが
ちょっと今までと印象が違ったのがラスト。

これまでの作品は、なんのかんのいいながらもハッピーエンドだったわけですが
今回はバッドエンドとはいいませんが若干ハードなエンド。
おちになるので詳しくは言いませんが、これは結構印象的でした。

主役以外のキャストもほぼイギリス勢で
「ホビット」シリーズのマーティン・フリーマン、「007」シリーズのピアーズ・ブロスナン等結構大物も出演。

また唯一のヒロインは、ロザムンド・パイク。
宇宙人ポールでもそうだったけど、この監督の作品のヒロインって
年齢的にも、雰囲気的にも決してお姉ちゃんとは呼べない感じで
「宇宙人ポール」では狂気すらはらんでました)
キャピキャピしたのってお目にかかること少ないのねー

今作も例外なく、「アウトロー」では知的でキュートなヒロインを演じた彼女も
若干くたびれた感じに仕上がっております。

しかしそれ故に、スイカに塩をかけるがごとく
役者の本当の可愛いさを引き出してるようにも思えます
(生活感のある可愛さといいましょうか)。

とにかく深く考えずに
ポップコーンほおばりながら、
いっしょにビール飲みながらゆるく見るのが正解!
そういうの好きな人にはお勧めです!


蛇足の一本は、僕に黄金トリオの名を知らしめた
「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」
思うに彼らのからむ作品中で最高傑作だと思います。
村全体がおかしいというプロットも、
この作品があって今作につながったのかもしれません。

それ以上はもう言いません!
見てない人はDVDを見つけたら借りるべし!!

彼らの作品に共通するのは映画と母国イギリスへの愛情。
皆すごく楽しそうに映画とってるような絵が浮かんできて
(勝手な想像ですが)
しょううもない笑いも優しい目で見れてしまいます。



コメントを投稿