映画、CG、プログラム等

2014年4月22日火曜日

映画日記「ロボコップ」

奇才ポール・バホーベンが生み出した「ロボコップ」のリメイク。
タイトルもそのまま「ロボコップ」。みてきました!

評価みてると結構賛否輪分かれてるようですが
僕は楽しめた側です。

たぶん否定的な人の多くは、アベンジャーズに代表されるような、
最近のアメコミ系の度派手なヒーローもんを期待してしまったのではと・・・。

確かにそういうドンパチを期待すると、肩透かしをくらいます。

なんでも監督のジョゼ・パジーリャは、もともとドキュメンタリー系の人らしいんですねー。
なので度派手路線より、地味リアル路線が好きな人には好物映画かと思います。

僕は、バホーベン版をリアルタイムでみた世代ですが
リメイクといえど、脚本を今風に大幅にアレンジされているので
別ものとして十分楽しめます。

負傷した警官がロボコップになるとこや
敵が企業というところは今回も同じなんですが
バホーベン版との相違点は
なんといっても、記憶が消えてないこと!
さらには、ロボコップへの手術も家族の承認を経て行われたり。

このへんの設定によって、お話はがらっと雰囲気の変わったものになっています。

他にも
ハリウッド映画にありがちな、「アメリカ万歳」的なのりを
サミュエル・L・ジャクソンがみのもんたみたいなキャラを演じることによって
猛烈な皮肉になっているような演出。

なぜロボコップは、100%機械ではなく人の要素を含めるのかの問いに
性能的な意味は無く単に人心を見方につけるだけという設定。

など見所は多々あり、この辺のノリ僕はすごく高評価でした。

特に、なぜ人かの部分については
昨今の佐村河内氏や小保方氏関連の
肝心な内容ではなくストーリ重視の煽り報道にかぶせてみると
より楽しめるのではと思います。

他にもビジュアル的な変更として、
カラーリングが黒であること(これについては、再度オリジナルに戻るのですが)
や、車ではなくスタイリッシュなバイクに乗ったりと、なかなかかっこいいです!

雰囲気的にBeginsともいえる作品ですので
続編にも期待したいとろこです。
(旧シリーズの回を追うごとの転落っぷりは追従しないで欲しいですが・・)


ということで蛇足の一本紹介ですが
あえて駄作レッテルの張られている「ロボコップ3」をご紹介。
↓予告もバカっぽい木曜洋画劇場のをみつけたのでそちらをどうぞ
シリーズを追うごとに駄目度、バカ度がますこのシリーズですが
シリーズ主演のピーターウェーラーも降板し
ロバート・ジョン・バークという耳慣れない役者さんにかわってます。
さらに
製作費 $22,000,000に対し興行収入は  $10,696,210 
となかなかの赤字っぷりもいい味を出してくれます。

敵もロボット忍者だったり、ロボコップも空飛んでしまったり
もうやりたい放題なんですが
ストーリーの骨子は、立ち退きを迫られる住民と武装した地上げ屋の戦い
みたいな感じでなんか地味なんですよね。
子供のころは何じゃこりゃっておもったけど、今はこういう設定も結構好きなんですよねー。
ということで、眠れない夜のお供の一本にどうぞ。


コメントを投稿