映画日記「トロール・ハンター」


いまや、1ジャンルとして認知された「ブレア・ウイッチ」を始めとする
モキュメンタリー系映画。
そのモキュメンタリーで、トロールの生態にせまったのがこの作品
「トロール・ハンター」です。
トロールって、ロード・オブ・ザリング等の数多くの小説、映画、ゲームにはでてくれど
メインでスポットあたったことってなかったんじゃないでしょうか。
(あ、ムーミンでは主役か・・・・)
ということで、モキュメンタリー好きの私としては期待値まんまんで
見に行ってまいりました。

舞台は、ノルウェー。
ここで、密猟調査のドキュメントを作っている大学生トマスらは
怪しげなハンスという男と遭遇し、彼を調査対象する。
深夜に出かける彼を追い、立ち入り禁止区の森に入っていくと
なんと伝説の妖精トロールに襲われ、ハンスに助けられる。
そして、謎の男ハンスこそがそれらを狩るトロールハンターであることを知る。
一部始終を目撃したトマスらは、すべてをフィルムに納めたいと申し出る。
もともと、今の仕事に不満をもっていたハンスは、
学生たちの熱意にもまけ同行を許可する。
そして、彼らがとったそのフィルムこそ
この映画「トロールハンター」なのである。

と、まあモキュメンタリーらしく
よくできた話とかそういうのは、ありません。
何種類かいるトロールを追っかけては倒しを繰り返し
最後は、大ボス、ヨットナールに対決を挑みます。
ただ、それだけです。
一応、スパイス的に政府の陰謀が・・・・的な話もでてきますが
ほとんどお飾りで主役はトロール君達。
小さいのから大きいのまで、みんなで大暴れ!
いいっすねーこういう馬鹿映画。
どんどん作ってほしいもんです。

上で、「ブレア・ウイッチ」を始めとする
なんて書いちゃったけど
日本なんて、古くは「川口探検隊」なんていう
超優良なモキュメントがあったわけで
あーいうの、今の日本でもそこそこお金かけて
がーんと作ってくれればいいのにねー。

あと、たいていシリアス路線のこの手の作品には珍しく
笑えるシーンがいくつかあります。
ただ、これらのシーンが
実際のところ製作スタッフが狙ってやってるかどうかは
さだかではありませんが・・・。

広報用フィルムもギャグに走ったものもあり
こっちもおもろいです。


とりあえず、一般受けせんとは思うけど
個人的には良かったなー。
あ、カメラぶれで酔う人は無理よ!