映画日記「バトルシップ」

「バトルシップ」みてきました!

めーちゃくちゃ期待してた本作品。

ここ最近では、このての宇宙人侵略物では
「Battle: Los Angeles」が群を抜いていたので
これを超えてくれるかと期待して鑑賞いたしましたが・・・
ぶっこけました!

なんすか、あのおっさんみたいなビジュアルの宇宙人。
それに、何しにやってきたのかいまいちわからん。
一応説明は、映画中にあるけど
あくまで人側の推測で、
戦艦はぶっつぶすけど
子供や人そのものは、攻撃しなかったりするっていう
ちょっとプレデターちっくな
意味不明な道徳観は、説明されないまま。

一番気になるのは、
はるばる宇宙を旅してきた宇宙船が
なにゆえ、バタフライで海上を移動するのか!?
(船内めちゃくちゃなると思うし、
もっとも、非効率な移動方法だと思うんですけど・・・)
とにかく説明してほしいことだらけ。

さらに、意味不明なのが
チープな人間ドラマ。
スターシップトルーパーズのように、前半のゆるい人間ドラマが
後半の壮絶な戦いの中の絶望感との対比に使われるのは
ありだけど、なーんにもない。
主人公のあほさ加減をみせてくれるだけ。

しかし、アメリカ人ってこういう感情的なバカキャラすきよねー。
アルマゲドンとか見たときも思ったけど
こういう、あほな連中に未来託すの絶対嫌やけどねー。

まあ、今回もくそみそに言ってますが
映像は、ものすごいです。
特に最初の戦いは、めちゃくちゃかっこえーんです。
えーんですが・・・

とにかく、見るなら必ず映画館で!!

DVDみてしょーもなとか言わない。
しょーもなっていうなら、映画館でみてから!

あと、最初にも書いた
「Battle: Los Angeles」は、この手の侵略もの好きで
見てない方は是非どーぞ。
お勧めです。