映画日記 「ブレーキ」


ローバジェットの王道。閉所系シチュエーションスリラーの
「ブレーキ」見てきました!


お話は・・・


  • 何者かによって誘拐され目覚めると男ジェミリー
  • 車に設置された箱の中に閉じ込められてしまった事に気づく
  • 明かりもない、閉鎖された空間で与えられたのは無線機一つ。
  • 箱にはトラップが仕掛けられ、極限状態の彼を追いつめる
  • 犯人の目的は?なぜ彼なのか?
という感じ。
あれ、どっかでみたような聞いたような・・

とまあ、それはおいといて。
この映画なにがすごいって
映画の大部分が、ほぼ一人芝居なんです。
無線機や携帯で犯人や外部の人間とのやりとりも
ありますが、基本音声で、外部の描写はありません。

車に閉じ込められてるので、ゆれて体をあちこちぶつけて
ギャーギャーいいながら暗がりの中で演技するだけという
(一部明かりがつきますが)
すっごい映画です。

けど結構よーできてるんです。

主人公は、スティーブン・ドーフ。
「ブレイド1」のボス、マグラ役と言えばピンと来る人もいるのでは
ないでしょうか。
そう、ジェームズ・キャメロンの大作「タイタニック」
の主役を蹴ったあの男です。

むろん、突っ込みどころは多々あります。
犯人からの攻撃が蜂をいれられるとか、ちょっとみみっちい攻撃だったり
意味深な、タイマーがほとんど意味なかったり。
(予告でも全面にだしてたこれが一番驚いた!)

ラストの落ちが、「ゲーム」みたいなエンディングと思わせつつ
さらにもう1転あるんだけど、これもなんか蛇足感がいなめないのねー。
もうちょっとうまいこともっていけんかったんでしょうか。

まあ、ただ最後までだれずにみれましたので

狭くて苦しい系好きな人には、
楽しめるのではないでしょうか。
落ちまでは、75点。
落ちいれて、60点くらいでしょうか。
DVDで深夜見るのにちょうどいい
まあまあの佳作映画ではないでしょう。
落ちの手前で、寝てしまうとなおいいかも。

ちなみにこの映画も
先日の「怒りの未亡人軍団」と同じ十三の7thシアターでみたんだけど
ここの映画館もすごくて1
チケット売り場の後ろにある、どうみても事務員の控え室やろ的な扉から
小部屋みたいなとこに通されるとそこには、スクリーンが・・・みたいな。
一生に一度は訪れることをおすすめする映画館です。

さて恒例になってきた蛇足映画紹介はこれ!
冒頭でも述べた、どっかでみたようなシチュエーションスリラー
「リミット」

おんなじやがな!