映画日記「StarShipTroppers Invasion 」



「Kill Them All」!
のかけ声とともに虫型異星生物を殺しまくる映画
「スターシップトルーパーズ」。




1997年のちょっとどぎついポールバホーベン作から、はや10数年。
その間にパート2、パート3が作られ回を重ねるごとに
質を落としていったこのシリーズ。
(2、3が作られたことってあんまり知られてないんじゃないでしょうか)
起死回生とも言うべきミラクルをおこしてくれました。

今回監督は、なんと日本人。
「アップルシード」を撮った荒巻監督。
というのも今回全編CGの作品なのです。

お話はとういと
昆虫エイリアンとまーいろいろあって
とうとう今回は、地球へとやってくると。
まーそーいうお話です。
ちょっと雑ですか?
でもこういうドンパチもんにストーリーも何も
ありゃせんので、そんなもんんです。

しかし、映像、演出ともCG映画と侮るなかれ。
そこらへんのSF映画よりも
そのクオリティは、はるかに高いと思われます。

CGなので、どうしても顔とかはあれですが
それ以外は、ほとんど実写クオリティ
それに、そんなことは脚本がいいのであんま気になりません。

なによりも、過去作品の設定を殺さず
むしろ最大限にいかしながら、あらたな話を生む。
ここが嬉しいところです。
最近の続きものでは
前の作品がなかった事にして始まるケースがあったりして
そういうのは僕はあまり好きではないのですが
(T3のないがしろぐあいとか・・)
これは、監督なりの過去作品全てへの愛が感じられます。

そして大事な戦闘シーン。
白兵戦だけでなく、今回は艦隊戦もあり、
さらには、マーローダー(ロボット兵器)の戦闘シーンが拝めます。
特に、マーローダーの戦いは、
パート3で目玉だったはずのに、カタルシスが得られなかったので
今回はそこも挽回してくれます。

とにかく、スターシップトルーパーズシリーズの
集大成というにふさわしい作品でした!!

1作目を見て好きだった方は是非!
嫌悪感を感じた方は、見ないで!

ちなみにこのスターシップトルーパーズ、
日本では80年代に「宇宙の戦士」として
すでにアニメ化されており
僕は子供の頃、ハマった記憶があります。
しかし当時、友人らに「宇宙の戦士」の話をしようも
誰も相手してくれなかった悲しい記憶もあったりします。
(当時は、今みたいにオタクとかおらんかったからねー。)
↓日本のアニメ版スターシップトルーパーズ「宇宙の戦士」

と、そんなあほな記憶はさておき
今回のオススメ蛇足の1本は
巨大昆虫VS人類つながりで
さえないおっさんと、さえない昆虫軍団との戦いを描いた
「ビッグ・バグズ・パニック」
トルーパーズとは、スケール感がえらい違いますが、
ゆるい馬鹿モンスター映画で結構オススメです。
これも深夜にみると面白い。