集中できる場所②「妖怪カフェ illumitai」


電気街の日本橋のメインストリート堺筋は、僕の生活路です。

この道は当たり前のことながら
歩道も車道も交通量があり、チャリだと邪魔くさいので
日によって、気分で東西一、二本くらいずらして通ります。
しかし最近は、難波パークスをはじめとする西側の開発が進み
むしろメインの堺筋よりも混んでるような時間もあったり。
なので、もっぱら東側を利用することが多くなりました



と、前置き長かったのですが
そんな堺筋東側の通りのちょっと変わった落ち着いたお店。
それが「illumitai」です。

先日の「お一人席 喫茶coro」と同じ日本橋にあるこのお店。
最初に通った時は、「イルミナティ」と読んでしまい。
なにそれ、怪しい、入ろう!と思って入ったのが始まりですが
間違い、「イルミタイ」でした。

コンセプトは妖精カフェということで
妖精、妖怪にちなんだ本やグッズが飾ってあります。
さらに西洋系のものだけでなく、結構日本の妖怪、怪談系の本も目立ちます。
なんでも、定期的に怪談会までやってるとのこと。
(ほかにも、落語やらジャズのコンサートやらいろいろイベントやってるようでした)

店内は、カウンター席とテーブル席両方があり
結構広いので、ゆったりできます。

メイン通りからも離れてるので、静かでゆっくり読書できます。
せっかくなのでここで読むのは
ファンタジーやホラーのほうがより浸れていいかもしれません。
手ぶらでいってお店の本を読むのもありです。
(ただ、電源はありませんのでPC利用者は注意です。)

あと、題名に反した話ですが、ここの店長さんがとてもきれいな方ですので
男性には、目の保養という特典ありつつも、集中できないかもしれません。

と、待ち合わせまでちょっと時間ができてしまった時など
軽く本を読みたい時にいい感じなので
とても気に入ってたのですが
残念なことに、5月20日を持って移転するとのこと。
移転先では、カフェ事業はいったん閉じるらしく
数回利用しただけの幻のお店に。
是非、再開してほしいものです。

あと、「illumitai」って言う名前
アルファベットでみてると
イルミネーションとかの派生語かと思ってたけど
音読してわかったけど「居るみたい?」ってことなんですね。
なるほど。

気になった人は、駆け込みでも一度尋ねてみては。
面白いですよ。 関連記事

1 件のコメント :