映画日記「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」

「ハムナプトラ」のスティーヴン・ソマーズ監督作品「オッド・トーマス」みました!


これは、今年の大あたり1本目。
そんなに期待もせずB級をみる気分でふらっとみたのもありますが
面白かった!

ストーリーのバランス、キャラクターみんないいです。
あっというまにラストまで、そしてハッピーエンドと思いきや・・・
決して、B級特有の最後にびっくりどーんでのひっくり返しではなく
切ないけど前向きなラストにもっていってます。

俳優陣は主役のアントン・イェルチンを始めみんないい味だしてます。
ソビエト出身の彼は、「スタートレック」で見覚えはあったんですけど、
「ターミネーター4」のカイル役をやってたんですねー。みててもつながりませんでした。
「T4」カイル役のアントン
ヒロインである彼女役のアディソン・ティムリンは始めて見ましたが文句なくかわいいし


脇を固める父親役のウィレム・デフォーに至っては、でてるだけで映画のランクが一つあがる感じがするくらい存在感がすごいです(顔のインパクトが半分以上ではありますが・・)。


大阪ではブルク7一箇所だけの上映でしかも1週間だけの公開とのこと。
僕は先行ロードショーなのかと勘違いしてましたが
ほんとに公開期間1週間だけだったみたいです。
(なんか大人の事情らしいです・・・)

ラストは続編にいきそうな感じで大期待なんですが、大人の事情が心配です。

原作のD・R・クーンツは、スティーブン・キングとならんで
好きなホラー作家の一人ですが、今回の作品は原作は知らずにでしたが
早速原作のほうも読んでみたくなりました。

ちなみにもうDVDは出ているようですので、お暇な夜におススメです。



さて蛇足の一本は、D・Rクーンツつながりで「スティグマ 邪神降臨」
(原題は「The Servants of Twilight」)。


D・Rクーンツの作品は、「ウォッチャーズ」「デモン・シード」「ファントム」「ハイダウェイ」等
結構映画化はされてはいるのですが、今回のような一級作品になることが少なく
(そもそも最初からローバジェット)、僕みたいなマニア以外に薦にくいのが現状です。

そんな中ドラマ色が濃く低予算差が表にでにくいこの作品を紹介しようと思います。

内容は、
息子を新興宗教団体から悪魔認定された母親が、
助けを求めた探偵ともに逃亡の旅を続けるという
そんな作品です。

落ちも含めてこの手のプロットはよくありがちですが、
CGや造形で勝負してない分。おちまで含めて丁寧にできていて安心して見れます。

「オッドトーマス」あわせて、眠れない夜にどうぞ・・・といいたいところだったんですが
アマゾンみてもヒットしないところをみるとDVD化されてないんかな。
もし、レンタルで見かけることがあれば是非!