映画日記「ライフ」

真田広之のでてるエイリアン映画
「ライフ」見てきました。


数年前にベン・スティーラーで同タイトルの
こじゃれた映画がありましたが、

これとは、まったく無関係。
180度反対のベクトルの映画です。

お話は・・・
  • 火星より無人探査船が土を持ち帰る。
  • 地球軌道上の国際宇宙ステーションにて科学者たちが調査
  • 土から微生物を発見、カルビンと名づけられる
  • 科学者のくせにうかつに触り襲われる
  • さらに実験マウスや助けにきた人を餌にし成長するカルビン
  • 船内に逃げ出し、暴れるカルビン
  • 地球にいかれたら困る!さてどーする!
という感じ。

安定感のあるハリウッドSFホラーで、面白くないことはないです。
たださんざん使い古されたプロッドで、エイリアンも攻撃方法も単調。
特に目新しい展開もなく、なんというか小粒で地味な「エイリアン」を見たという印象。
(船外に排出しようとする展開とか、まんまエイリアンじゃん)
後、予告で煽ってるほど人は砕かれません。

嫌いじゃない。悪くはない。ただなんか一ひねり欲しかったなー
という作品でした。

ちなみに、エンディングは
なんじゃそら系エンディングでちょっと笑えます(苦笑ですが・・)。

そういえば真田浩之前も似たような役どころででてたような・・
あ、これこれ「サンシャイン2057」

この映画は、敵がエイリアンですらなく、
殺人鬼っていう、たいがいな映画やったけど・・