映画日記「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ5作目。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」
見てきました!

第1作が2003年公開ということで、14年もつづくハリウッドディズニーを代表するこのシーリーズ。おなじみ「テレテッテ、テレテッテ、テレテッテテテテ!」て音楽が流れるだけでも胸高まりますよね。

王道というか予定調和なハリウッド展開とはいえ、壮大なスケールとそれを具現化できる圧倒的資金力で制作された超ハイクオリティの映像で最後まで圧倒してくれます。

今回全編ではないけど(クライマックス30分くらいらしい)、話題の270度スクリーン「ScreenX」で撮影された映画という点、すごく興味あったんだけど、関西圏に導入シネマはまだなく(現時点ではまだ東京1件のということ)鑑賞できませんでした。残念!

おはなしは・・

  • 父ウィル・ターナー(オーランドブルーム演じる1作目の主役)の呪いを解くための伝説の秘宝“ポセイドンの槍”を探すヘンリー。
  • 英国軍の水兵になった彼が船に乗っていたところ、スペイン海兵の亡者である“海の死神”サラザールの襲撃に遭う。
  • 艦長以下乗組員達は虐殺されるが、ヘンリーだけは生き証人としてジャックへの伝言を託して見逃される。
  • 一方時間巻き戻って、落ちぶれた生活を送っていたジャックは銀行から金庫強奪を画策するも大失敗。部下にも見限られる。
  • 酒におぼれようとするが金がなく仕方なく、持っていた「欲しいもの場所を指し示す魔法のコンパス」を手放す。
  • それをきっかっけに。魔の三角海域に封印されていたサラザールたちが解放される。
  • 彼らを封印したのは、コンパスの力を借りた若い頃のジャックだったからだ。
  • その後英国軍にとらえられ、処刑台へ送られるジャック。
  • ジャックを探すターナーと彼に雇われたジャックの部下達の手助けで、魔女疑惑をかけられた天文学者カリーナとともに、処刑台から脱出する。
  • カリーナも父の日記にを手掛かりに“ポセイドンの槍”を探していた。
  • ターナー、カリーナ、ジャックらは、サラザール、英国海軍に追われながら“ポセイドンの槍”を探す航海にでる・・・
ここまで、結構ネタばれのようにあらすじ書いちゃいましたが、まだまだ先は続きます。

さて、今回の注目点それは、悪役サラザールを演じるビエル・バルデムです。
そう『ノーカントリー』で、お手製の変な武器で主人公を追い回すあの変態殺し屋を演じてたあの人!

爆発事故に巻き込まれた亡者という設定でいろいろ欠損してる感をCG加工されているけど、あいかわらずいい変態顔で存在感ありまくり。
こういう役者がでると、ほんと映画の面白さが数段あがりますねー。

制作費と興行収入比較

序盤金庫強盗のシーンは、毎度お決まりのドリフのようなドタバタシーンですがかなり大がかりです。序盤でこんなんやからどん位金かかってるんやろと調べてみました。


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちパイレーツ・オブ・カリビアン
呪われた海賊たち
制作費:1億4000万ドル 
興行収入:約3億500万ドル


パイレーツ・オブ・カリビアン2
デッドマンズ・チェスト
制作費:2億2500万ドル
興行収入:10億6600万ドル




パイレーツ・オブ・カリビアン3
ワールド・エンド
制作費:3億ドル
興行収入:約9億6000万ドル
    ($960996492)


パイレーツ・オブ・カリビアン4 生命の泉
パイレーツ・オブ・カリビアン4
生命の泉
制作費:4億1000万ドル
興行収入:10億4600万ドル



パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
制作費:2億3000万ドル
興行収入:約7億7600万ドル($776111215) IMDb 8/4時点

あれ!?意外や意外、4作目まで売上も好調で毎作品ごとに制作費あがってるのに
2作目と同程度、4作目からみると約半分になってます。
これってなんなんでしょうね。やっぱり製作費にたいして、3、4作目の収入がのびなかったからのシビアな決断なのか、単にいろいろ技術が安くなったからなのか。
なにか事情知ってるひとは教えてほしいものです・・。
今作は、下がった製作費に比例せず、興行収入はすでに8億近くで、前作同様10億越えも時間の問題。コスパ的には2作目と並びそうで皆さん一安心ということろなんでしょうか。

さて、このシリーズ「最後の海賊」なんていってますがそれは
邦題で、原題は「Dead men tell no tales 」。
要は「死人に口無し」という副題で、全然最後でもなんでもありません。
なのでエンドクレジット後には、2作目のあの人(?!)もでてきてまだまだ続きそうで楽しみです!

映画は映画館で見るために作られてますっていう代表的ハリウッド映画。
アトラクション的要素も強いので、見る気があるなら必ず映画館で!