映画、CG、プログラム等

2014年1月29日水曜日

PuppyLinux571を試す


久々PuppyLinuxのページをみると
ちょうど、今月(1/18)に、新しいバージョンがリリースされていたので
早速ダウンロードして試してみました。

以前のエントリーでも紹介したこのPuppyLinux。
CD-ROMブートできて非常に軽いので結構古めのPCで動きます。

今回は、お試しだけなのでデスクトップではなくWIfiのついたノートPCで試してみました。

早速立ち上げてみると
以前の、バージョン4や5系よりもグラフィックはちょっと綺麗な感じですね。

これまでの同様、テザリング等ネット接続は自動では行われませんが

 デスクトップ上の接続アイコンにて、同様に設定可能です。

今回は、新しいノートでWiFinが使えるのそれをを設定。
デスクトップの接続のアイコンから
以下のような感じで、よくあるWIFi選択画面にまで到達できます。

↓ 





今回いいなと思ったのは、起動直後に使用できるブラウザーがOperaに変わってること。
以前だと、「SeaMonky」なんていうわけわからんブラウザーだったので
すぐに、ChromeかFireFoxいれんとみれないとサイトたんまりでしたが
「Opera」ならまあそのまま使っても不都合ないので楽です。

日本語変換の「Antfy」もCtrlとSpaceで呼び出すのは若干戸惑いますが
変換自体は得に違和感ないので問題なし。

あとは、クラウドでの作業がほとんどの昨今。
ほぼ問題なしです。

WindowsXpのサポート切れも間近。
僕は緊急時のブートOSとしてPuppyyやKnoppixを保持してますが、
普通にインストールして使うことも検討してもよさそうな感じです。
コメントを投稿